2017/12/21 18:23:21 | masaje-descontracturante-tag4

親からものを大事に使えと一度使ったものを中々捨てられずに家の中で置いて引き出し、物入れ、押し入れなどがいつか満杯になり部屋中がものにあふれて物置小屋になりました、そこで断捨離を行いました、まずはいま必要がないものを捨てる、いつか着るかも、この品物には思い出があるという想いは不要にしましょう、それから買いなおせるものはすぐに処分をしましょう、捨てて公開を知る人は8割がしないそうですから思い切りが大事です。洋服は一枚買ったら一枚捨てることです、買うときに本当に自分に必要かを吟味することになります、1シーズン着ない服は捨てることです、同じような似た服は1つにまとめることで不用品が出てきます、買っても服に思い入れがない服は処分をすることです、年と共に服のサイズが合わなくなります、会わない服は処分をします、
自分にとって仕事、休日、部屋用に数を決めて部屋の収納スペースを考えてそれ以上は絶対に買わないことです、安物買いの銭失いです、少しぐらい高くても使いまわしがきくものを購入することが大事です。
家電は今はサイトで安く手に入ります、不用品はメリカリで出品して買い取ってもらいます、ほしいものもそこで安く探しています、ヤフオクも使って本の読まないものはブックオフで売ります、お金にはあまりならないけど部屋がすっきりするからいいです。
断捨離をして部屋がかなりスッキリしました、きれいになり広い空間が気持ちいいです。
無駄なものが無くなり無駄使いをしなくなりました、物への執着がなくなったからだと思います。

 

【関連サイト】
断捨離をしようとしたら思わぬ副業を発見!それが→コレ
断捨離.net
片付けられないズボラ女がついに断捨離を決意。その理由はお小遣い稼ぎ。偶然にもあるアプリとの出会いで断捨離とお小遣い稼ぎのダブルを実現した。そのアプリとは?

2017/12/19 14:47:19 |

気づいたら必要のない物ばかりで部屋があふれていた、そんな経験が誰しもあると思います。必要のない物は必要がなくなった瞬間で廃棄しないと溜まっていきますので、後からどうにかしようとしても大変です。ただ、それでは部屋がいつまで経っても綺麗になりませんのでどこかで思い切って断捨離する必要がありますが、このとき注意したいのはスケジュールです。

 

いかに断捨離が大事だとはわかっていても、スケジュールの詰まっているときでは時間的な余裕がまったくありません。そんな中断捨離をしようと思っても、まったく上手くいかなくてイライラするだけです。そこで、ゴールデンウィーク、シルバーウィーク、年末年始などの3連休以上ある日取りが、断捨離をするチャンスです。それらのタイミングで旅行へ行くなど別のスケジュールを入れていたらできないですが、そうではなくて特に何も予定を入れていなければ一気に断捨離を行うチャンス到来です。

 

断捨離をするときは、半日がかり、あるいは一日がかりで行うことになります。それなら時間がかかることを見越し、ゆっくりでも良いから確実に断捨離することが成果につながります。連休で心に余裕があれば、大量の物を前にしてもなんとか取り組んでやろうと気持ちを奮い立たせることができます。断捨離は体力も気力も消耗しますので、余裕がないと楽しくできないです。ですので、時間的に余裕を持って断捨離ができるように、スケジュールをしっかり調整することがとても大事です。

2017/12/18 15:29:18 |

以前仕事の都合で一人暮らしをしていたときは、部屋の中はグチャグチャで、何かあったときには物を探し出すだけでも一苦労していました。
そんなわけで、自宅にいると常に気持ちが落ち着くことはなく、ストレスばかり感じる生活を送っていたのです。

 

私は小さい頃から、物を捨てるのが苦手でした。
家の中には使わないいただき物や使えなくなった不良品、いつか必要になるかもしれない箱、十年前の書類などで家の中は溢れていました。

 

そんなあるとき、体力の衰えや労働環境の悪化、もろもろのストレスにより体調を崩してしまったことがあります。そして、それをきっかけに生活を見直そうと、断捨離に取り組むことにしたのです。

 

私は一冊の本を参考に、必要ない物、持っていても良いイメージがわかない物、3年以上使わないものを数週間かけて処分したのです。おかげで、家の中はスッキリして、何か肩の荷が下りたような気持ちがしました。
それにしても、いらない物が無いということは、こんなにも気持ちが落ち着くものだとは思いもしませんでした。
そして、その後も、良いことがたくさん起こったのです。

 

利点を感じたこととしては、家の中が必要な物や好きな物で満たされたことで、考えがまとまるようになって行動的になり、いろいろなことに対して処理能力がつき、悩み事が減っていきました。
そして、自宅が常に綺麗なので、ストレスが激減し、健康的な毎日を送れるようにもなりました。
それからというものは、定期的にいらない物を処分するようになり、自分でも驚くほど綺麗な状態を保てている次第です。

2017/12/16 16:19:16 |

以前の家は、本当にいろいろなものがありました。そのことを思い出すと、よくあんな家に住んでいたと思うことがあります。
その一つに、部屋の中に家具が多かったということです。その家具が多いことでとても困ったことがありました。
それはなんと言っても、ぶつかってしまうのです。特に夜は危ないです。そこに家具があることがわかっているモノの、ぶつかることがあったのです。
そのため、断捨離をして安心して暮らすことができるようにと考えたのです。

 

そのことから、まずその家具は必要なものかどうか検討することにしました。すると、案外と必要でないことがわかったのです。
今は使っていない家具もありました。ほとんどものが入っていないのです。しかし、動かすことが面倒なので、そこにあるといった感じです。
それらは、全て捨てることにしました。すると、部屋にあった10ぐらいの家具のうち、3ぐらいにまとめることができたのです。

 

するとその後は、とても快適に暮らすことができています。その快適さは、なんといっても広いということです。
部屋が広くなると、それだけ安心して暮らすことができる家になります。以前は、よく躓くことがありました。
その家具があることを忘れて、そこで躓いてしまうのです。その結果、怪我をしたこともあります。
また家具があるからといって、必要なものを買うことができない状況もありました。
そんな生活を見直すと、とても安全な家になったと感じます。

2017/12/15 17:58:15 |

私は物を捨てられない性格で、放っておくとすぐに部屋が物であふれ返ってしまいます。
自分では片付けているつもりでも、他人から見るとやはり物であふれていると、汚い、片付けられていない部屋、という認識になってしまうようです。
そこで、少しでも物を減らせるようにと実践したのが、1日1個必ず何かを捨てる、ということです。

 

1日何個に設定するかは個人の自由ですが、少ない方が継続はしやすいです。
ただ、もう少し数を増やせば効率よく部屋が片付いていくと思います。
いきなり毎日10個!なんて設定をしても絶対に続けられないので、継続することが大事ですので、確実に継続できそうな数を設定するのがミソです。

 

1個捨てるものはなんでもいいです、本当のゴミを1個にカウントしてもかまいません、とにかく毎日1個何かを捨てていきます。
そうすると不思議なことに、意識的に物を捨て続けていると、次第に物を捨てることにも慣れていきます。
最初はゴミを捨て続るだけでも、次第に物は確実に減っていくので、そのうち捨てるものを探すようになってくるはずです。その頃には、なんでこんなもの残していたんだろうと、不思議に思うようなものも出てくるはずです、そいつらを捨ててしまいましょう。

 

やはり、物が少ないとかなりすっきりします、開放感が違いますね。

 

後は今まで床にも色々と物がおいてあり、掃除機などがかけにくく、かなりいい加減な掃除をしていたので、ハウスダストが酷かったようで、花粉症に似た症状に悩まされていたのですが、部屋を片付けてからはこの症状も出ることがなくなり、健康的にも改善される結果となりました。

 

まずは1日1個から、物を捨てる生活をしてみてはいかがでしょうか。